整備士を辞めたい…バックレたらその後どうなるんだろ?

整備士を辞めたい…バックレたらその後どうなるんだろ?

整備士
整備士

■整備士を辞めたい…バックレたいけどその後のことが気になる…。

■会社側から訴えられたりするのかな…?法律的にどんなんだろ…?

■その月の給料はもらえるよね?整備士手帳とか年金手帳は返してもらえる?

整備士の仕事が嫌すぎて今すぐにバックレたい気持ちは分かります。

ですが、バックレた後に起こること(やらなきゃいけないこと)を把握しておいたほうがいい

バックレるとその後の処理がめんどうなことは今の時点であなたもなんとなく気づいていますよね?

確かにいろいろめんどうなことが起こります。(笑)

なので具体的に何が起こるのかを解説していきます。

バックレた後のことを考えてバックレないと想像以上にめんどくさいことになってしまうかもしれません

バックレるリスクを理解しておいたほうがいい。

きちんと理解したうえでバックレましょう。

バックレた際にあなたに起こるリスクはあくまで可能性の話しですが、どれも可能性がゼロではないです。

バックレた後のことを考えてあなたのなかで

「大丈夫だろ。」っと思えたらバックレてOK!

【バックレた後にあなたに起こること(リスク)】

1.会社が警察に連絡する
2.懲戒解雇になるかも…
3.給料の未払い、整備士手帳や年金手帳を返してもらえない

この記事を書いている私はトヨタの整備士を2年半ほどやっていました。

整備士を辞めてからはずっとトラックドライバーをしています。

整備士を辞めたい…バックレた後にあなたに起こる3つのこと

バックレた後にあなたに起こること(リスク)を詳しく解説していきます。

バックレた当日のことを想像しながら読んでいただきたいです。

1.警察沙汰になる

バックレて音信不通、電話もLINEも何も反応しなかったら最終的に警察沙汰になる可能性があります。

流れ的には下記の通り。

まずあなたが出勤していないことに先輩の誰かが気づきます。

最初は「寝坊かな?」っとあまり気にしていませんが、時間がたつにつれて全体的にザワザワしはじめます。

朝礼が終わり仕事がはじまると工場長があなたに電話をかけます。

でもあなたは出ない…もしくは、電源が入ってない…。

工場長はあなたに何度も電話やLINEを入れますが、反応なし。

すると次は、緊急連絡先としてあなたが提出している人のところに連絡がいきます。

例えば、緊急連絡先が親であればあなたの親に

上司
上司

「○○君(あなた)が出勤していないのですが、何か聞いていますか?」

っといった感じです。

そこで親も何もしらない、何も聞いていないのであれば警察に連絡を入れる可能性があるでしょう。

あなたが今どこで何をしているのかが分からないのであれば、上司(工場長)としてはそのままほっとくわけにはいきません。

安否を確認できないのであれば警察に連絡するしかないのです。

ようするに、電話やLINEをシカトしまくって誰もあなたが今どこで何をしているのかが分からない状態…。

その状態が長く続くようであれば最終的には警察沙汰になります

2.懲戒解雇になるかも…

シカトし続けて14日たつと懲戒解雇になる可能性が出てきます。

懲戒解雇とは?

労働者が違反行為をした際に課す最も思い処分のこと。

会社
会社

会社に大きな損失をもたらす事態を招いたため懲戒解雇とする!

おそらくですが、あなたの会社の就業規則に

「14日以上無断欠勤をしたときには解雇とする」

みたいなことが書いてあるはずです。

これは厚生労働省が下記のように定めているからです。

「2週間以上にわたり正当な理由もなく無断欠勤し、出勤の督促にも応じない場合は、会社側から労働者を解雇できる」

懲戒解雇をくらうと転職の際に不利になる場合があります

正確に言うと、印象が良くないです。

転職先の面接官からすると

面接官
面接官

懲戒解雇なんて大丈夫?…ちゃんと仕事してくれるのかな?

っといった印象を持つのはある意味自然なことです。

もちろん、懲戒解雇をくらったことを隠すことは可能ですが後々バレたら経歴詐称となるので信頼を失うことになります。

「経歴詐称」という理由で懲戒解雇される可能性ももちろんあるでしょう。

損害賠償のことについても触れておきます。

整備士
整備士

損害賠償を請求されたらどうしよう…怖い…。

損害賠償の請求に関しては可能性は低いけどゼロとは言い切れないです。

会社はあなたがバックレたことによって

会社
会社

・業務がストップした!
・業務の引継ぎができない!
・お客への損害が出た!

みたいな理由を並べてあなたに損害賠償を請求してきます。

特に、権力がある人(社長や社長と仲のいい上司など)が怒っていると本腰を入れて損害賠償を請求される可能性があります。

なので、

「損害賠償は請求されないので大丈夫です!」

とは言い切れない…。

可能性は限りなく低いですが、ゼロではないのです。

3.給料の未払い、整備士手帳や年金手帳を返してもらえない

バックレるまでの給料はもらう権利があるし会社側も払う権利があります。

ただし、会社側が

会社
会社

処分を検討中…

みたいな理由をつけて給料の振り込みをストップする可能性はあります

また、整備士手帳や年金手帳をあずけていたら郵送で送ってもらわなければいけませんが、

上司
上司

なんでわざわざバックレたやつの整備士手帳なんて送らなきゃいけないんだ!

って感じになってすんなり送ってくれないことも考えられるでしょう。

「送ってください」と言いづらかったり、いくら待っても郵送されてこないのであれば再発行してしまったほうが早いです。

あと、退職した際にもらわなければいけない書類も用意してもらえるのか不安なところです。

退職が決まった時点で会社側が用意しなければいけない書類もありますが、ちゃんと対応してもらえるのか…?

いじわるな社長や上司だと対応が適当だったり、めっちゃ遅かったりするのではないか…?

などなど、めんどうなことが想像できますね。

「大丈夫だろ…」っと思えたら今すぐバックレよう!

バックレた後にあなたに起こることを想像して「大丈夫だろ」と思えたら今すぐバックレましょう。

くれぐれも注意しなければいけないのは、バックレた後のこと(バックレたことによって起こるリスク)を考えないでバックレてしまうことです。

想像以上にことが大きくなってしまい「バックレなければよかったな~…」っと後悔するようなことは避けなければいけません。

しっかりあなたのなかで天秤にかけてください。

整備士
整備士

「ちょっと無理かも…」

「なんかいろいろめんどうなことになりそうだな…」

「対応するのダルい…」

っと思うけど辞めたい…今すぐに辞めたいのであれば退職代行を使いましょう。

>>整備士を辞めたい…使うべき退職代行は1つ!【理由も解説】

退職代行とは簡単に言ってしまうと、あなたの代わりに退職を進めてくれるサービスです。

最近は利用者が増え、退職代行を使って会社を辞めるのが当たり前になりつつあります。

正直、バックレるのであれば退職代行を使ったほうがいいです。

めんどうなことをすべてやってもらえます。

退職に関してはすべて丸投げできるのであなたは基本何もしなくてOK

溜まったストレスを発散するために旅行に出かけたり、次の転職先を探す時間に当てられます。

お金を払ってめんどうなこと、気まずいこと、そして時間を買うイメージですね。

同じバックレでも退職代行を使ってバックレるのと、自分一人でバックレるのはだいぶ差が出てきます。

退職代行を使うとあなたは何もしませんが、正当な形(理由)で辞める手続きを進めますからね。

バックレとは違います。

普通に辞めるだけです。

整備士を辞めたくてバックレを考えているあなたへ!

上記でもお伝えしたようにバックレた後のことを考えて、納得したうえでバックレましょう。

正直、ただバックレるのはめんどうなことになる確率が高いので退職代行のようなサービスを使ったほうが楽だと思います

お金はかかってしまいますが、今の生活からキレイに抜け出すことができます

>>整備士を辞めたい…使うべき退職代行は1つ!【理由も解説】

【バックレた後にあなたに起こるリスク】

1.会社が警察に連絡する
2.懲戒解雇になるかも…
3.給料の未払い、整備士手帳や年金手帳を返してもらえない

それでは!