整備士を辞めたいけど辞められない…なぜ?【原因別の解決策】

整備士を辞めたいけど辞められない…なぜ?【原因別の解決策】
整備士
整備士

■整備士を辞めたいけど工場長に言い出せない…

■整備士を辞めたいことは伝えたけど話しが進まない…

■整備士を辞めたいけど親に悪くて辞められない…

■辞めるタイミングが分からない…

■退職理由をなんて言えばいいのか分からない…

あなたは今どのようなことが原因で整備士を辞めたいけど辞められずにいますか?

原因によってあなたがこれから取るべき行動が変わってくるはず。

辞めたいけど辞められないまま放置すると最終的に何のために、誰のために働いているのか分からなくなります。
もっと明確に言うと、誰の人生なのかが分からなくなります

ここでは、原因別に解決策をお話しします。

ぶっちゃけ、整備士を辞める辞めないはあなたの自由ですが辞めたいのに辞められないまま日々が過ぎると人生詰みます

この記事を書いている私はトヨタの整備士を2年半ほどやっていました。
今はトラックドライバーの仕事をしています。

原因に逃げずに向き合ってください。

大丈夫です。

私も同じ原因を抱えていましたが辞めることができたので。

整備士を辞めたいけど辞められない…【原因と解決策】

あなたが今整備士を辞めたいけど辞められない原因は下記の6つのどれに当てはまりますか?

1.辞めることを工場長に言い出せない
2.辞めることは伝えたけど話しが進まない
3.辞めると親に悪い気がする
4.辞めるタイミングが分からない
5.退職理由をなんて言えばいいのか分からない

それぞれの解決策をお話ししていきます。

1.辞めることを工場長に言い出せない

辞めたいけど辞められない1番の原因と言っていいのではないでしょうか。

やっぱり上司(工場長)に辞めることを伝えるのは気まずいですよね。

んで、解決策をお話ししたいのですが少し長めになってしまいました。

なので、整備士を辞めたいけど言えない…【明日上司に言えるようになる】に書き直しましたのでご覧ください。

ほぼ確実に誰もがつまずく原因です。

2.辞めることは伝えたけど話しが進まない

辞めることは伝えたんだけど全然話しが進まない…。

いつ退職日を迎えられるか分からない…。

解決策は3つです。

■あなたから再度聞いてみる
■明日から行かない(バックレる)
■退職代行を使う

■あなたから再度聞いてみる

あなた
あなた

あの~この前話した件なんですけど…

あなたから再度上司(工場長)に聞いてみましょう。

聞いてみて話しが進みそうならOKですよね。

逆にあなたが再度聞いても

上司
上司

あぁ~、ちょっと待ってね!

まだ答えられないんだよね…

みたいな感じでわけの分からないことを言うようであれば具体的な日にちをあなたのほうから提示しましょう

そもそも退職の日にちは会社が決めるものではなくあなたが決めるものです。

会社の都合であなたが退職できないのはおかしい…退職日が決まらないのはおかしいです。

すでにご存じかも知れませんが、2週間あれば会社を辞めることができます

もちろん、有休を使ってもOK。

なので極端に言ってしまうと、今から2週間後の日にちを提示すればいいのです。

まぁ、現実的には区切りのいい「10日まで」とか「20日まで」「今月いっぱいまで」っとなると思いますが。

■明日から行かない(バックレる)

あなた
あなた

もう話し進まないし全部めんどいからバックレようかな…

休み明けから行かなくていいかな…

バックレるのも1つの方法です。

1度は辞めることを話しているのでバックレた理由は会社側も分かるはずです。

ただ、バックレはリスクをともないます

バックレのリスクに関しては、

整備士を辞めたい…バックレたらその後どうなるんだろ?

をごらんください。

正直、バックレるのであれば下記でお話しする退職代行を利用したほうが安全です。

■退職代行を使う

あなた
あなた

もう上司(工場長)と話したくない…

話しても時間のムダ…

めんどくさいしだるい…

このような場合は退職代行を利用して退職しましょう。

退職に関することを丸投げすることができます。

あなたはもう上司(工場長)と退職のことについて話す必要はなくなりますし、

あなたが希望した日(退職代行会社が退職を伝える日)でもう会社に行かなくていいのです。

お金はかかりますが、めんどくさくてだるいこともとにかく丸投げです。

>>整備士を辞めたい…使うべき退職代行は1つ!【理由も解説】

3.辞めると親に悪い気がする

辞めてしまうと専門学校の学費を出してくれた親に悪い気がして辞められない…。

あなたも自動車整備士2級を取得するために専門学校に通ったと思います。

国家資格である自動車整備士2級を取れたのは専門学校に通わせてくれた(学費を出してくれた)親のおかげという気持ちが少なからずあなたの心の中にあるのではないでしょうか。

この原因に対する解決策は1つしかありません。

それは、どんな形でもいいので辞めることを親に伝えることです。

伝える方法はなんでもOK。

直接言う、LINE、ちょっとした手紙など。

もし、親に退職をとめられるようなことがあったら「悪い…もう決めたことだから」っと言うように。

例え親がちょっと怒って

「学費が無駄になった!」
「金の無駄だった!」

みたいなことを言われてもあなたは熱くなって怒ってはいけない。

ひたすら「悪い…もう決めたことだから」でOK。

変な意地を張らないこと。

戦っちゃダメ。ケンカしちゃダメ。

親から挑発的なことを言われるとカッと熱くなるけどそこは必ず押さえてください。

カッと熱くなったらここで話したことを思い出してほしい。

カッと熱くなってはいけない理由は次の通りです。

学費(お金)を出してあなたを専門学校に通わせてくた事実には絶対に感謝しなければいけないから

感謝の言葉は照れくさくて伝えられないだろうから伝えなくてもいい。

だけど、あなたが自動車整備士2級を取れた事実があるのだから心の中では感謝するべきです。

ちょっと挑発的なことを言われたぐらいで怒らない。

4.辞めるタイミングが分からない

今は人員が不足していて休みも取れない…辞めたらみんなに負担かかるだろうな…。

これから忙しい時期に入るからなんとなく辞めるって言いずらい…。

このように思う気持ちは分かります。

分かりますが、本当に今の生活から抜け出したいのであれば捨てるべきです。

なぜなら、会社という組織はあなたが居なくても回り続けなければいけないからです。

あなたが居なくてもお客様にサービスを届けなければいけません。

それが会社という組織です。

そもそもですが、あなた1人が居なくなったら仕事が回らないような体制を取っていることが問題です。

負担がかかる…?仕事が回らない…?

知りません。

繰り返しになってしまいますが、そのような体制を取っていた会社が悪いですね。

なので解決策としては、タイミングなんてないです。

あるとすれば今です。

あなたが辞めたいと思っている今が辞めるタイミングです。

よく考えてみてください。

おそらくですが、あなたが居なくなってもなんやかんや会社はやっていきますよ。

周り(会社)のことを気にしてしまうのは分かりますが、自分の気持ちを最優先にするべきです。

自分で退職する日を決めていいんですよ

むしろ、絶対に自分で決めたほうがいい。

辞める会社のことを考える意味がありますか?

5.退職理由をなんて言えばいいのか分からない

上司(工場長)に「なんで辞めるんだ?」っと理由を聞かれたときに言うことが決まっていないので辞めたいんだけど辞められない…。

その気持ち分かります。

本音は

「いや、先輩クソすぎてもう辞めるわ!」
「よく分かんねーことばっか言うやつ多すぎ!」
「なんならあんた(上司)もおかしいですよ!」

っと言いたいけど退職理由で言うわけにはいかない…。

そして、この先どんな仕事につくのかがハッキリと言えないのでなんて言ったらいいのか分からないですよね。

整備士を続けるのであれば今とやることは変わらないので「なんで辞めるの?」っとなってしまう…。

この原因の解決策は2つあります。

■一身上の都合と言う
■他の仕事につくと言う

■一身上の都合と言う

上司
上司

なんで辞めるんだ?

あなた
あなた

一身上の都合で辞めさせていただきます。

よく退職するときに使われる言葉ですが、「一身上の都合」をひたすらつらぬきます。

おそらく、上司(工場長)は納得せずに理由を何度も聞いてくると思いますがつらぬきます。

この理由を使うには先輩に聞かれても誰に聞かれようと同じこと(一身上の都合)を言い続けるメンタルが必要です。

逆に言ってしまえば、同じことを言い続けるだけなので気が楽です。

■他の仕事につくと言う

上司
上司

なんで辞めるんだ?

あなた
あなた

他の仕事につきます。整備士はやりません。

自動車整備士2級(国家資格)というのはときに邪魔になります。

なぜなら、「資格を持っているのになぜ?」っという質問を他人から聞かれまくるからです。

この理由を使うときは別に嘘でもいいです。

本当は他で整備士をやるかもしれないけど、

「いや、先輩クソすぎてもう辞めるわ!」
「よく分かんねーことばっか言うやつ多すぎ!」
「なんならあんた(上司)もおかしいですよ!」

とは言えないから「他の仕事をします」っと言っておく。

これでOK。

んで、「他の仕事をします」と言うと必ず「なにやるの?」っと聞かれます。

これも嘘でもいいです。

そもそも本当のことを言う必要なんてこれっぽっちもないです。

適当に

「ドライバーやります」
「工場で働きます」

って感じで答えておけばいいです。

さらに、「ドライバーやります」とか「工場で働きます」と言うと必ず

「今はどこで働いても大変だぞ」的なお決まりの文句を言ってくるはずです。

スルーしましょう。スルーでOK。

おそらく、あなたの上司(工場長)はドライバーの仕事も工場の仕事もやったことがないです。

何を根拠に言っているのか分からない…まさに決まり文句なだけです。

確かにどの仕事をやっても大変なのは分かりますが、あなたの退職をとめる理由にはならない

あなたの辞めたいけど辞められない原因は?

さて、あなたが整備士を辞めたいけど辞められない原因はどれでしたか?

細かな状況の違いはあるかもしれませんが、大きく今回ここでお話しした6つに当てはまるはずです。

1.辞めることを工場長に言い出せない
整備士を辞めたいけど言えない…【明日上司に言えるようになる】
2.辞めることは伝えたけど話しが進まない
 ■あなたから再度聞いてみる
 ■明日から行かない(バックレる)
整備士を辞めたい…バックレたらその後どうなるんだろ?
 ■退職代行を使う
整備士を辞めたい…使うべき退職代行は1つ!【理由も解説】
3.辞めると親に悪い気がする
4.辞めるタイミングが分からない
5.退職理由をなんて言えばいいのか分からない

 ■一身上の都合と言う
 ■他の仕事につくと言う

辞められない原因にしっかりと向き合いましょう。

冒頭でもお話ししましたが、辞めたいのに辞められないまま日々が過ぎるとマジで人生詰みます

あと何日今日のあなたを繰り返しますか?

あと何日耐えますか?

おそらく、ずっと耐えることになりますよ。

そんな日々を繰り返して歳をとっていきます。

人生誰もが終わりに向かって走っています。

みんな同じです。

ただ、どこをどのように走るかはその人の自由です。

走り切ってゴールテープを切るとき、ふと振り返って走ってきた道を見たときあなたは何を思うでしょう

逃げずに原因と向き合ってください。

こうしている間にも時間は過ぎていきます。

時間は待ってくれません。後悔のない人生を!