ディーラー整備士を辞めて良かったこと、悪かったこと【体験談】

ディーラー整備士を辞めて良かったこと、悪かったこと【体験談】
整備士
整備士

■ディーラーの整備士を辞めようと思ってる…

■ディーラーの整備士を辞めた人の意見を聞いてみたい…

■ディーラー整備士を辞めて次は何しようかな…

ディーラーの整備士を辞めることに対して少しもったいないかなぁ~…っと思っていませんか?

本音はもう辞めたいんだけど、なんだかもったいなさを感じている…

私もディーラー整備士として働いていたので気持ちは非常によく分かります。

「もったいない…」気持ちは分かりますが、自分が辞めたいと思っているのに行動しない(辞めない)と今の「もったいない…」気持ちとは比べものにならないほどの後悔をしてしまう可能性がありますよ

私はトヨタの整備士を2年半ほどで退職しました。

今はトラックドライバーの仕事をしています。

ディーラー整備士を辞めて良かったこと(メリット)悪かったこと(デメリット)を私の体験談からお話しします。

すべて私の実体験になりますのであなたの今後の行動に少しでもお役に立てばと思います。

ディーラー整備士を辞めて良かったこと【メリット】

ディーラー(トヨタ)の整備士を辞めて良かったこと(メリット)を実体験からお話しします。

下記の3つです。

1.窮屈な毎日から抜け出せた
2.作業のプレッシャーから解放された
3.転職に有利だった

それぞれお話しします。

1.窮屈な毎日から抜け出せた

「ディーラー整備士」に限ったことではないかもしれませんが、精神(心)が削られていくような毎日から抜け出すことができました。

私は同じ職場の上司や先輩との人間関係が嫌だったのでディーラー整備士を辞めたことは正解でした。

辞めた身として言うのはどうかと思いますが、ディーラーの整備士の人間性って独特です。

なんか変にプライドが高かったりするんですよねw

お高くとまってる感じ…w

整備士
整備士

いや、あんたそんなに偉くないから!

なんでそんなに偉そうなの?

何様なの?神様?は?

って思いませんか?

辞めてから外の人(他の業種の人)とかかわってみると改めて「いや、やっぱり変な人多かった…w」って思いますね。

整備士業界って独特の人間性のようなものがある気がします。

おそらくですが、あなたも今頭の中に浮かぶ先輩が居るはずです。

「類は友を呼ぶ」って言いますからね。

精神的に削られるのであれば今すぐにでも辞めたほうがいいですよ

ぶっちゃけ、仕事なんて探せばいくらでもありますから。

精神を削られる毎日なんてツラいじゃないですか。

意味ないですよ。

1回精神的に崩壊してしまったら今度は立て直すのが大変です。

今すぐにでも辞める行動を取るべきです。

具体的に取るべき行動は整備士を今すぐ辞める3つの方法【即日辞める行動を起こそう】をご覧ください。

自分の想像以上にあなたはダメージを受けています。

もっと自分を大切にしてください。

ヒデユキ
ヒデユキ

精神(心)が安定してないと人生詰むよ!

2.作業のプレッシャーから解放された

車整備のプレッシャーから解放されました。

決して整備のセンスがあったほうではないので毎日プレッシャーでした。

今だから話せることですが、分からない作業の予定が入っていると夜不安で眠れなかったりしたときもありました。

休み明けに分からない作業が入っている予定なんか見ると最悪です。

休みが楽しめない…。

どうしてもふとした瞬間に作業のことを考えてしまい不安になる…。

整備士
整備士

分からない整備があったらどうしよう…

うわ…やったことない整備じゃん…

やべっ!完全に壊した…

今はもうプレッシャーに押しつぶされることはないです。

何がツラいって分からない整備を先輩に聞きにいってもめっちゃ嫌な顔をされたりするのがツラかったですよね。

不機嫌そうに

「そんなことも分からないの?」

「学校で勉強してきてないの?」

「自分で調べろよ!」

っと何百回と言われました。

段々と先輩に分からない作業を聞きにいくのが怖くなって自分で考えてやってみるけど失敗して部品壊して先輩に笑われてセンスねぇな~って言われて…。

整備士業界で働くのは辞めてトラックドライバーの仕事をはじめた当初、分からないことを聞きまくりましたが全部教えてもらえました。

腹の中では「教えるのめんどくさいなぁ~」っと思っていたかもしれません。

ですが、めんどくさい気持ちを言葉や表情に出す人は居ませんでした。

なぜなら、新人(私)に仕事を教えるのは先輩として当たり前のことだからです。

仕事の作業を後輩に教えるのは先輩として当たり前のことですよ。

なんだか整備士業界は教えることに関して違和感だらけです。

学校で最低限の知識は学んできたかもしれません。

ですが、ほとんどが現場では通用しないものばかりです。

だから教えてあげるんじゃないですか!

後輩を育てるのがヘタすぎます。

ヒデユキ
ヒデユキ

作業を先輩に聞きにいく気まずさから解放された!

3.転職に有利だった

「トヨタ」のネームブランドも確実にあったと思いますが、転職は有利でした。

やはり、履歴書に「トヨタ自動車○○店」っと書いてあると印象は強いようです。

面接時に

面接官
面接官

へー!トヨタで働いてたんだ!

っと受けたすべての会社の面接官に言われました。

会社の中身はどうであれディーラー(トヨタ)で働いていたことは事実として履歴書にも書けますし、他人は「トヨタ」の名前が強烈に印象に残るのである意味勝手に採用の確率が上がります

なのでぶっちゃけ、他で働きたいことろがあれば積極的に転職していったほうがいい

今あなたが職場だけ変えて整備士を続けたいと思っているのか?

私のように整備士を完全に辞めて異業種へ転職したいのか?

どちらにしてもディーラーで働いているのであればディーラーの名前(ブランド)があなたには付いていますので転職に不利になることはないです。

ヒデユキ
ヒデユキ

ブランドを武器に転職しよう!

ディーラー整備士を辞めて悪かったこと【デメリット】

ディーラー(トヨタ)整備士を辞めて悪かったこと(デメリット)をお話ししていきます。

と言っても1つしかありません。

「ディーラー(トヨタ)で働いている」っと言えなくなったことです。

ほんと「トヨタ」っと言えなくなったことだけです。

「トヨタ」っと言えば周りは

他人
他人

へー!すごいねー!

トヨタで働いてるの!?

給料いいでしょ!?

っと自然と一目置いてくれました。

分かりやすく言ってしまうと、自然とマウントが取れている状態で物事が進んでいきます

ほんとこれだけです…。

ぶっちゃけ、自己満足の世界ですのでどうでもいい…っと今は思っています。

重視しなければいけないのは自分の生き方(働き方)です。

自分の生き方(働き方)を無視してブランドに踊らされると人生詰みます。

なぜなら、自分の本心ではないことをやっているからです。

本当は辞めたいけど、ディーラー(ブランド)の名前が強いからもったいない…。

注意しましょう。

本当に詰みます。

私はディーラー(トヨタ)の整備士を人間関係が理由で退職しました。

異業種に転職しようと決めていましたが、また人間関係で悩むのは嫌だったのでトラックドライバーの仕事をすることにしました。

車の運転はもともと好きだったので。

何が原因で今のディーラー整備士を辞めるのかをまずはハッキリさせておきましょう

あなたの中のディーラー整備士を退職する理由をハッキリさせておかないとディーラーの名前を捨てたことを後悔することになります

ぶっちゃけ、私の感覚では悪かったことなんて無かったです。

どこで働いてもある程度まじめにやれば給料はもらえるし…なんなら整備士の頃よりも高い給料をもらえる仕事なんて山ほどあるわけで…。

ディーラーの名前(ブランド名)を捨てるのがもったいない気持ちは分かりますが、こだわり過ぎて本音と向き合うことをしないと後になって絶望しますよ

名前(ブランド名)と自分の人生を天秤にかけてみてください。

ヒデユキ
ヒデユキ

名前(ブランド名)なんてたいしたことないでしょ!

ディーラー整備士の資格を生かせる仕事とは?

私はディーラー(トヨタ)整備士を辞めて異業種であるトラックドライバーへ転職しましたが、整備士の資格を生かせる仕事をピックアップしておきます。

比較的求人情報に掲載が多い整備士の資格を生かせる仕事。

1.フォークリフト修理
2.自転車やバイク屋さん
3.工場機械の修理

私が実際に求人を見ていて目にとまった業種です。

仕事の細かいことは分かりませんが、整備士の資格を保有していると有利になります。

特にフォークリストの修理屋さんは資格が生きます。

ぶっちゃけ、私も転職する際に迷いました。

迷いましたが、結果的にトラックドライバーにしました。

理由は、もう整備士はやらない…比較的1人で仕事をするドライバーの仕事にしようとある程度自分の中で決めていたからです。

整備士をやっていたころのように人間関係で悩むのが怖かった

また同じような理由で精神的に削られる毎日を送るのが怖かったからです。

他人
他人

考えすぎじゃない?

っと思うかもしれませんが結果的に今のドライバーの仕事をもうかれこれ10年以上続けているので転職して良かった。

迷ったけど整備士の資格を生かす仕事じゃなくてもOKだったな!

っと思いながら日々を過ごしています。

無理に資格を意識する必要はないです。

整備士
整備士

どっちだよ!

っと思うかもしれませんがあなたの退職理由とあなたのやりたい業種にまっすぐ向かったらいいです。

そのほうが絶対に後悔しない。

ディーラー整備士を辞める人が多い理由

最後に元トヨタの整備士をやっていた私からディーラー整備士を辞める人が多い理由をお話しします。

結論、人間関係が大半を占めるはずです。

変にプライドが高い人が多く、後輩を育てる力がないから辞める人が後を絶ちません。

もし今あなたが人間関係が嫌でディーラーの整備士を辞めようか迷っているのであれば早くその場から逃げたほうがいいです(辞めたほうがいいです)。

この先、今の職場で続けていっても明るい未来はないです。

ぶっちゃけ、あなた自身が1番感じているはずです。

感じてはいるけどディーラーの名前のブランド力があるから捨てること(辞めること)を迷わせている…

気持ちは十分よく分かります。

私自身もそうでしたので。

ですが、もう1度冷静に考えてみてください。

あなたが大切にしたいものはディーラーのブランド名ですか?

違うはずですよ。

ブランド名なんて所詮飾りです。

確かに見栄えは良いかもしれませんが、見栄えに気を取られてあなたの人生そのものを棒に振ったらダメですよ

今のあなたは大好きだった車さえ嫌いになりかけていませんか?

あんなに好きだった車なのに…。

好きだった車を嫌いになる必要なんかないです。

車は趣味にして本業は別の仕事をやっても全然いいじゃないですか。

辞める辞めないの判断はあなたの自由です。

ですが、元ディーラー(トヨタ)整備士としてお伝えしたいのはブランド名なんて捨てても問題ない。

もっと自分の生き方や働き方に目を向けるべき。

大丈夫、ディーラー整備士をやっていたなら働ける場所はたくさんある。

あなたの働きたいところで新しいスタートを切ってください。

人間関係で精神的にキツイ毎日を送っているなら整備士を今すぐ辞める3つの方法【即日辞める行動を起こそう】を参考に脱出してください。

体を壊してからでは遅いですよ。

それでは!